施設・設備

院内風景

院内散策ツアー

実際に院内にいるような感覚でご覧いただけます。初めての方は、一足先に雰囲気を味わってみてください。

Produced by: 有限会社メディアプロ

設備紹介

  • オートレフケラト・トノメータ

    1台で、メガネ処方時などに必要な「眼の屈折力測定」、コンタクトレンズ処方時に必要な「角膜曲率半径の測定」、緑内障の検査に欠かせない「眼圧測定」をほぼ同時に行うことができます。

  • ハンドヘルドレフケラトメータ

    手持ち用のオートレフケラトメータで、眼の屈折力や角膜曲率半径の測定ができます。小さなお子様で機械に顔が乗せられない場合などにも使用します。

  • オートレンズメータ

    お手持ちのメガネの度数を確認し、データは自動的に電子カルテシステムへ転送されます。

  • 液晶視力票

    5mの距離で測定する視力検査標です。字ひとつや絵も表示できるので、お子様の視力検査に適しています。

  • 眼底カメラ付き光干渉断層計

    眼底写真と網膜の断層を撮影できます。CTやMRIのような断層画像によって、黄斑疾患や緑内障など、病気の早期発見が可能になりました。

  • 大型弱視鏡

    斜視角や両眼視機能(立体視など)を検査する機器です。

  • レーザー光凝固装置

    網摸のレーザー治療に使用します。網膜裂孔、網膜円孔、糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症などの治療が可能です。

  • 電子カルテシステム

    各検査機器のデータを集約統合・管理します。迅速で正確な診擦に役立っています。

  • ハンフリー視野計

    中心の光を見ながら、大きさや強さが異なる光をランダムに表示することで、視野の範囲と感度を調べます。眼疾患の早期発見、特に緑内障において欠かすことができない検査です。

  • ゴールドマン視野計

    ハンフリー視野計とは異なり、大きさや強さが異なる光を動かしながら表示することで、視野の範囲と感度を調べます。眼疾患の早期発見、特に緑内障において欠かすことができない検査で、視覚障害の等級判定にも用いられます。

  • オクルパッド

    ホワイトスクリーン技術により、周辺視野と手の動きは両眼視を保ったまま、訓練眼にのみ映像刺激を与えることが出来ます。遮閉を行わない、誰もが楽しみながらできる新しい弱視訓練デバイスです。

ページトップへ