小児眼科

もくじ

早期発見・早期治療が大切です

成人の眼科が「眼の疾患を治療すること」が主な目的であるのに対して、小児眼科では「成人になってからも正常な眼の働きができるようにする」ことが加えて重要になります。

人間の視機能(視力や立体視)は、生後から急速に発達します。早期に病気を見つけられれば、短期間で完治できる弱視や、早期の手術で両眼視機能の発達を期待出来る斜視など、小児特有の眼疾患があります。特に視力については「3歳児健診」が非常に重要なのですが簡易検査が主流で、偶然お答えが視標と合ってしまえばパスしてしまう恐れがあります。そのまま3歳児健診をパスしてしまい、就学時健診でようやく病気が見つかるケースもあります。視覚感受性期(視機能が発達出来る期間)は限られており、従って治療できる期間も限られます。

小児の代表的な眼疾患である弱視や斜視は乳児でも診断出来ますし、先天的な異常(先天白内障や先天緑内障など)が隠れている場合は、新生児であっても早急な手術が必要です。治療時期を逃さないためにも、ご心配がある場合は年齢にかかわらず受診をお勧めします。

こひなた眼科では3歳児健診だけではなく、0歳の赤ちゃんからでも診察を承ります。お子様でも楽しく診察ができるよう様々な工夫をしておりますので、まずはお気軽に来院ください。

当院の小児眼科について

こひなた眼科では、初めてのお子様でもできるだけリラックスして検査を受けていただけるよう、様々な工夫をしています。

キッズスペース

お待ちいただく間、キッズスペースで遊んでいただけます。よりリラックスした状態で検査・診察に臨むことができます。

視力検査

ランドルト環での検査が難しい乳幼児には、テラーカードや絵指標での検査を行っています。

視力検査スペースと待合スペースの仕切りはガラスになっています。親御さまとお子様がお互いの姿が認識できる状態ですので、お子様もよりリラックスして検査が受けられます。

診察室

お子様は視線を固定できないことが多いので、「あそこにいる〇〇を見てね」という様に注意を引きながら診察を行います。診察室には、他にもお子様が喜ぶような楽しい仕掛けがございます。

屈折測定

  • オートレフラクトメータ

  • ハンドヘルドレフケラトメータ

機械に自分から顔を近づけて、顎台に顔を乗せることができれば、「オートレフケラトメータ」で眼の屈折(度数)を測定します。顔を乗せられない乳児のお子様は「ハンドヘルドレフケラトメータ」という手持ちの機械で測定をします。特に斜視・弱視の早期発見に役立つ、非常に重要な検査です。

仮眠室(おひるね部屋)

検査・診察をどうしても怖がってしまうお子様は、仮眠室(おひるね部屋)にてお休みいただき、眠っている間に検査・診察をさせていただきます。「うちの子はまだ小さくて検査は無理」とご心配の方も、どうぞご安心ください。

弱視について

弱視とは、視覚の発達不全が原因で、メガネやコンタクトレンズを使用しても視力が(1.0)未満である状態のことです。視力が裸眼で1.0出ない場合でも、メガネなどの矯正視力が(1.0)以上であれば弱視ではありません。

弱視の原因は何ですか?

主に、正常範囲を超えた屈折異常:遠視・近視・乱視・不同視(がちゃ目)、斜視などの他、視界が妨げられる先天白内障、角膜混濁、先天眼瞼下垂などが原因となります。一般的には「眼で見ている」のですが、実際には眼で見た映像情報が、脳の後頭部にある視覚中枢に正しく到達して初めて、「見える」感覚となります。弱視とは、視力の発達期間に眼の中に映る映像が正常に結像しない結果、視覚中枢の発達が妨げられることで起こります。視機能は「両眼とも、ピントと視線が合っている状態で物を見続ける」ことで成長しますので、「ピントが合わない」状態や「視線が合わない」状態が続くと、弱視(視覚中枢の発達不全)になります。

弱視は治るのですか?
3歳児健診で見つかった屈折異常弱視の場合、ほとんどのケースで治癒可能です。ただ就学時健診で見つかった場合や、感受性期の終わりになればなるほど、完治が難しくなっていきます。弱視が治せるのは視覚の感受性期内に限られますので、見つかった時点から最適な方法で治療しましょう。
弱視はどうやって治療するのですか?

弱視治療用メガネ

一般的なメガネとは異なり、弱視治療専用のメガネです。つまり「掛けても直ぐには良く見えません(これが弱視なのです)」。掛け続けることでピントの合った映像を眼から脳に送り込み、視覚中枢の解像度を発達させます。それにはまず散瞳剤(調節麻痺剤)の点眼薬を用いて正確に眼の度数を測定し、メガネの処方を行います。子供がメガネを嫌がらないか心配される方もいらっしゃいますが、治療が進むにつれ今までより鮮明に見えるようになるので、自分でメガネを探して掛けるようになります。また、お子様が成長するとサイズや度数が変化しますので、それに合わせて作り直していく必要があります。最初にメガネを選ぶ時はもちろん、掛けてからも、大きさや度数がお子様にぴったり合うように調整し続ける必要があるので、子供のメガネが得意なお店を選ぶことも大切です。

参考リンク
http://www.ishizawamegane.co.jp
http://www.ogura-megane.co.jp

アイパッチ

矯正視力に左右差がある場合に使用します。いわゆる眼帯のことで、視力の良い方を隠して、発達が遅れている方の眼だけでものを見る治療です。アイパッチを1日何時間すれば良いかは治療の重要なポイントですので、必ず眼科医の指示通りに遮閉しましょう。

オクルパッド

弱視訓練用の器具です。両眼を開けたまま、タブレットを使ってゲーム感覚で弱視訓練ができる器具で、従来に比べて効果的に視力を向上させることができます。アイパッチやメガネでの訓練を嫌がるお子様も、オクルパッドを使用することで自ら進んで訓練に臨めるようになります。

斜視について

眼の位置が正常でない状態を斜視と言います。

斜視の原因は何ですか?

斜視以外に異常が無い子と、他の病気を持っているため斜視になりやすい子の、大きく2つに分けられますが、いずれの場合も本当の原因はまだよくわかっていません。遠視が原因で内斜視になる調節性内斜視は、近くを見る時に強くピントを合わせようとして眼が内側に寄ってしまいます。したがって、正しい度の凸レンズのメガネを掛けると斜視が治ります(この場合、メガネを外すと寄ってしまいますので、医師の指示があるまで常用して下さい)。

斜視にはどんな種類がありますか?

黒目が内側に寄る「内斜視」、黒目が外側にずれる「外斜視」、黒目が上下にずれる「上下斜視」があります。また、斜視ではないのに斜視のように見えてしまう「偽斜視」があります。赤ちゃんは鼻が低いため、目頭の皮膚が余って黒目が内側に寄っているように見えることがあります。偽斜視は眼の両眼視機能に悪影響を与えることはありませんが、本当に斜視の場合もあるので、心配な方は眼科で診察を受けましょう。

斜視について、日本経済新聞の取材を受けました。
下記URLをクリックすると、詳細な記事がご覧いただけます。
http://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=2D7E5218389246B5BC69E2633AF5B91E
2011/07/29 子どもの斜視、治療は早めに 放置すると立体視に影響

斜視はどうやって治療するんですか?

遠視が原因の調節性内斜視は、斜視治療用メガネを掛けることで治ります。メガネで治療できない場合は、プリズムメガネや、眼の筋肉の位置をずらす手術が必要となります。また、弱視も同時に持っているお子様は、弱視を先に治療する必要があります。

近視について

近視は一度進行すると、LASIKなどの手術を行わない限り度数を減らすことができません。だからこそ、近視が進まないよう予防することが大切です。もし近視が進む兆候が見られた場合、できるだけ進行を抑制するための治療を行います。

マイオピン

マイオピンとは有効成分(アトロピン0.01%)が配合された点眼液です。

様々な調査の結果、アトロピン1%は近視の進行を遅らせることが分かっており、1960年から近視治療用として使用されています。しかし、瞳孔が開き続けることによるまぶしさと強い光による不快感や眼の痛み、眼の調節機能が低下し遠視症状が発症するなどの副作用も確認されています。

アトロピン0.01%配合のマイオピンは、シンガポール国立眼科センター・シンガポール眼科研究所での臨床研究により、近視の進行抑制はアトロオピン1%とほぼ変わらず、しかし副作用の発症率は極めて低いことが証明されています。

マイオピンの特徴
  • 副作用がほぼ皆無の良好な近視抑制用点眼液と言われています。
  • 近視の進行を平均60%軽減させると言われています。
  • 光のまぶしさに殆ど影響を与えません
  • サングラスを殆ど必要としないと言われています。
  • 目の遠近調節機能(手元をみる作業)に殆ど影響を与えません。
  • 近見視力に殆ど影響を与えません。
  • 日々のケアは実に簡単です。
  • 寝る前に両目に毎日1滴ずつ点眼します。
  • 各容器(1本・5ml)は両目用に1か月分の使い切りになっております。
  • 本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準:Good Manufacturing Practice)準拠の工場で製造されています。

http://www.myopine.jp/#!blank/jwjp1 より引用

正視について

正視とは無限遠にピントが合っている眼のことです。正視「ゼロで表記」を基準とすると、正視より手前にピントが合う眼が近視「マイナスで表記」で、正視より向こう側にピントが合う(つまりどこにもピントが合っていない)眼が遠視「プラスで表記」と考えると、イメージしやすいと思います(上図)。正視付近が正常範囲の度数になります。

遠視について

一般的に「遠くのものが見やすい目」と思われがちですが、実際は「眼の屈折異常により、調節しなければピントがどこにも合わない状態の眼」のことを言います。

遠視ってそもそもどういうものですか?

人間の眼は通常、近くのものを見る時だけピントを合わせるための「調節力」が働き、遠くを見る時は調節力がほとんど働いていません。調節力が働いていなくても、遠くのものであればちゃんと見えるからです。しかし遠視の場合は、そもそも遠くも近くもぼやけて見えるため、遠くのものを見る時ですら頑張ってピントを合わせようとして、必要以上に眼に負担(調節力)がかかってしまいます。軽度の遠視であれば視力には影響ありませんが、遠視の度が強いと常に眼の中の筋肉(毛様体筋)や、眼を寄せる’輻湊)内直筋が緊張状態になるため、眼精疲労、調節性内斜視、弱視などの原因となります。

視力に影響がある遠視はどうやって発見できますか?

通常3歳以上のお子様であれば、5mでの遠見視力や30cmの近見視力を測定し、矯正視力が(1.0)未満の場合、眼の度数を測定し発見します。小児の場合は過度に調節がかかりピントを合わせてしまっている場合があるので、眼の度数を測るには「調節力」が働かない状態にする必要があります。散瞳剤や調節麻痺剤を用いて正確に眼の度数を測定する方法や、あるいは凸レンズで強制的に近視の状態にさせて、調節力を弱めてから測定する方法などがあります。

子供が遠視にならないためにはどうすれば良いですか?

通常生まれて直ぐの新生児は、遠視の場合がほとんどです。年齢とともに眼も大きくなり、遠視の度数が減って正視から近視の方に向かって(つまりプラスからマイナスへ向かって)度が変化していきます。つまり遠視は生まれつきの場合が多いため、予防することは困難です。しかし、生まれつきの強い遠視や、遠視が成長とともに減らない場合など、弱視の原因となる恐れがある遠視であっても、メガネなどで遠視の度数を補正すれば弱視の予防や治療は可能です。

遠視はどのように治療するんですか?

基本的にはメガネによる矯正です。遠視は絶対に治療しなければいけないということではなく、視機能に悪影響を及ぼしそうな場合のみ治療を行います。遠視は斜視や弱視などを併発することがあるので、合わせて治療を行います。

ページトップへ